2008年09月20日

コントラクトブリッジで記憶力アップ(おまけつき)

何か早計な気もしますが

 年を取るとともに思い出せなくなる人の名前。トランプのブリッジで遊べば、こんな記憶力の衰えを防止できるとの研究成果が19日、札幌市内で開かれた日本心理学会で報告された。
ブリッジで記憶力アップ=日本心理学会で発表−札幌(時事ドットコム)」


ちなみにこういう内容らしい(論文の内容をダウンロードできるのは学会参加者のみ)。
こういう知的ゲームをきちんとやっておけばいいのではとも思うのだけれども、それでも何らかの結果で示されたので意義はあるのではと思う。で、最初に戻って、チェス囲碁将棋や麻雀はともかくそれなりに考えさせられるテレビゲームでも同じ結果になるのだろうかという点が気になる。こっちの方が人口が多いのでいろんなレベルの人が集められるのではないかと思うのだが。しかもチェスはレーティングというレベル指標があるし。

(おまけ)記憶がらみでこんな研究発表がみつかった
超記憶力者における日常記憶の自己評価(2)
あと、今回じゃないけど
超記憶力者における日常記憶の自己評価
があった。いずれも円周率を何万桁も暗唱した人に関するもの。
posted by eksmin at 01:07| Comment(2) | TrackBack(0) | カードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
円周率何万桁も暗唱すると超記憶者と呼ばれるんですね。
オイラは七田式の教材で1000桁までは暗唱できるんですけど、それくらいだとビギナー記憶者なんだろうな。
Posted by ともゆき at 2008年09月22日 07:32
ともゆきさん
あれだけ記憶してればそう呼ばれるのは確かでしょうね。具体的には何桁かはわかりませんが、記録に残る程度と考えればいいのではないでしょうか。
Posted by eksmin at 2008年09月23日 21:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106839347

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。