2009年06月02日

【新刊】勝ち続ける力

対談なのに読みづらかったです…。

勝ち続ける力
羽生 善治
4103016728


羽生永世6冠と翻訳家柳瀬尚紀の対談。これが軽いものになるかと思っていたら大間違いで、将棋だけならまだしも、ジョイス(という作家)まで出てきてヘビーな会話になっていく。各章のはじめと終わりにある解説文がないと、正直読みづらい。それでも、その難しい話題の合間を縫って読んでも、記憶の話、学び方の話、「道」の話と話題は豊富。
posted by eksmin at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。