2010年09月07日

【新刊】自分の頭で考えるということ

本自体は新しいのだが、実は、これ4年前の対談。内容に古いところはあるのだけけれども、話の本質は古くないです。

4479391991自分の頭で考えるということ
羽生 善治 茂木 健一郎
大和書房 2010-09-05

by G-Tools








羽生 善治、茂木 健一郎の両氏が将棋について話し合ったことを収めた一冊。タイトルは「考える」の文字が入っているが、一見するとそうは見えない。5章立てのこの本の1章から4章は私は美意識について話しているのではと思った。というのも、この言葉が多く出てくるばかりか、いったん将棋の歴史や特徴の話になってきたもののすぐにそれが美意識につながってきたこともある。

しかし、最後に、話は考えることにつながっていく。頭を使うことや感想戦(将棋の対局終了後にその対局の感想を話し合うこと)の疲労感の話から考えることの話につながっていく。考えることから、話はフロー、つまり、思考がトップスピードになっている状態の話まで持っていく。ここまでくると、この二人にしか話せない話になってしまう。そして、それは私の見たことのない世界の話になってしまう。

読んできて考えることや、その周辺の話についてはあまり直接的には見えてこなかった。しかし、どこかしら人間の脳の一角が見えてきたのではと言う感じがする一冊であった。
posted by eksmin at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161855659

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。