2012年05月13日

速読の効果を示す論文

出処はいろいろありますが、まずはこちらから



で、件の論文は
Reading Speed, Comprehension and Eye Movements While Reading Japanese Novels: Evidence from Untrained Readers and Cases of Speed-Reading Trainees


です。英語ができないので、マイコミの紹介を辿らないといけないのですが…
気になったのはいくつか。

まず、「速読の熟達者(high-level expert)」について。twitterでそのことを指摘している人はいるのだが、一人というのは、サンプル数としてあまりにも乏しいのではないかと思う。あと気になったのは何を持って「速読の熟達者」と言っているのかは英語がわからないこともあるかもしれないが、読み取れなかった。

正答率も気になった。マルバツ2択の問題で速読の訓練者の正解率が55%が多い(図2)というのはいかがなものか。当てずっぽうとほとんど変わりがない。また、この場合、どれくらい正解できたら本を読んでいるといっていいの(統計学の用語で言えば何%の確率で有意)かは示しているのかどうか気になる。そういうものは通常、グラフに示すべきではなかろうか。

#返す返す英語が読めないのが残念。
posted by eksmin at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 速読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/269840839

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。