2012年05月20日

【新刊】将棋名人血風録

著者にあった人曰く、そんなに変ではないそうな。

将棋名人血風録 奇人・変人・超人 (oneテーマ21)
加藤 一二三
4041102413


自身も名人になったことがある加藤一二三九段が実力制名人の歴史を語る。氏自身名人についたことがあることもさることながら、実力制名人制定後の名人全員(自分自身は除くが)と対局したことがある。その他いろいろ含めた結果、名人戦や歴代名人はあらゆるところを知っている。

木村義雄の信仰(キリスト教徒らしい)とか、不仲説、自身の心構え、自戦記など読み応えはある。が、将棋がわからないといけない部分があるのは、個人的にちと残念。
posted by eksmin at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。