2012年11月25日

記憶競技ルール変更の件(無作為の数字)

現在、記憶力世界選手権のルール翻訳をやっております。前回はこちら
本日は現在のルールブックの8つ目に書かれている種目である、無作為の数字。旧ルールの訳は
世界記憶力選手権への道 競技「1時間の数字記憶」のルールと採点方法(愛の能力開花劇場)

原文は
http://www.worldmemorysportscouncil.com/Ten_Memory_Disciplines_2012_Revisions.pdf

なお、訳注は訳者の私見である。

8.無作為の数字 − 15,30,60分


目的
できるだけ多くの数字 (1、 3、 5、 8、 2、5 等)を記憶し、それらを完全に回答することにある。

時間
国内
記憶:15分
回答:30分

国際
記憶:30分
回答:60分

記憶力世界選手権
記憶:60分
回答:120分


記憶
1.コンピュータは1行40ケタ、1ページ25行(1ページ750ケタ)の数列を生成する。
2.出題される桁数は世界記録の20%増しであるが、大会1か月前までのリクエストにより審判からより多く配布されることができる。

解答
1.選手は与えられた解答用紙を使わなければならない。
2.もし選手が自身の解答用紙を使いたい場合、大会前に審判の許可を得ないとならない。
3.選手は1行に記憶した数字40桁を書かないとならない。そして、解答用紙には記憶した行と対応する解答する行を明確に示さなければならない(解答できない行を明確に区別するためである)。

採点
1.1行をすべて正解している場合、その行には40点が与えられている。
2.1行40ケタの中に1つ間違いや空欄があった場合はその行には20点が与えられる。
3.1行40ケタの中に2つ以上間違いや空欄があった場合はその行には0点が与えられる。
4.最後の行のみのルール。最後の行が不完全(例:最初の29ケタしか書かれていない場合)であるものの、そのすべてが正解ならば、書かれていたケタ数が得点となる(この例の場合29点)。
5.最後の桁が不完全でかつ1つの間違いや空白があった場合は回答した桁数の半分の数の得点が与えられる(端数が生じた場合は切り上げる。 例:29ケタ書いて1つ間違いがあった場合は、29/2の結果を切り上げて15となる)。
6.最後の桁で2つ以上間違いや空欄があった場合はその行には0点が与えられる。
7.同点となった場合は、勝者の決定方法は以下の通り。解答を書いたものの0点となった行から正しくかけた数字の数1つにつき、1決定点が与えられ、決定点の多いほうが勝者となる。
posted by eksmin at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
翻訳ありがとうございますm(_ _)m。
英語で読めなくもないですが、日本語版があるとやっぱり安心して読めます。
ところで少し気になったのですが、上方にある以下の部分

『4.2進数

目的
できるだけ多くの2進数の数字 (1、 3、 5、 8、 2、5 等)を記憶し、』

ですが、

4.2進数 →削除
2進数の数字 →修正(無作為の数字)

かと思いますが、いかがでしょうか。
Posted by さかたん at 2012年12月01日 23:45
さかたんさん

拙い翻訳ですが、ご参考になれば嬉しいです。
タイトルの誤りですが、修正しました。
申し訳ありませんでした。
Posted by eksmin at 2012年12月02日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。