2008年02月03日

ボビーフィッシャーの人生を描いた映画…が作られる

49日たってないはずなのに(少なくとも欧米人には関係ないか)、映画作成の話があがっている。

 波乱の人生を送った天才チェス・プレーヤーで、このほど訃報が伝えられたばかりの“ボビー・フィッシャー”ことロバート・ジェームス・フィッシャーの伝記映画 “Bobby Fischer Goes to War”が製作されることになった。
(Variety Japan「不運の天才チェス・プレーヤー、ボビー・フィッシャーの人生を映画化」)


#おそらくはWarというのはチェスの対局のみならず東西の冷戦にもかけているのだろう。

どれだけの力量の人がかかわるのかがわからないし、まだ時間がたっていないのでどこまで人生に食い込めるのかわからないが、どんなものか期待したい。

posted by eksmin at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | チェス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 この話は、CHESSBASEというサイトで知っていたのですが、日本語でも発信されていたんですね。
VARIETY JAPANというサイトもはじめて知りました。
映画はいつ頃できるのか、フィッシャー役は誰なのか・・・などと考えると興味深いです。
 やっぱ、映像の力は凄いものがありますから、映画完成の暁には、日本のチェスにも少しは良い影響があるかもしれませんね。
Posted by keres65 at 2008年02月03日 21:57
keres65さん
実は元ネタのサイトはGoogleニュースで始めてしったサイトですので、私も実はこのニュースまでは知ることのなかったサイトです。
映画を作るというということだけしかわかっていないのでどういう展開になるのか私も興味深いですが、私もこの映画がチェス界に何らかのいい影響があればと思います。
Posted by eksmin at 2008年02月04日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82103590

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。