2008年02月09日

麻雀もいいけどブリッジもね

麻雀ではよくある話なのですが…

 欧米で「社交上必須のたしなみ」とされるトランプゲーム「コントラクトブリッジ」の愛好者が、国内でも増えている。記憶力や推理力が要求される知的なゲームとあって、「脳のトレーニングに」と始める中高年層が多い。
「脳トレ」感覚 大人のトランプ コントラクトブリッジ


麻雀同様に、コンストラクトブリッジでも中高年層への普及が進められているようである。
内容は日本ではなじみのないゲームなので概要の説明から入る。その上で、ブリッジの魅力について述べている。

こういったことは麻雀と共通なのだが、記事を読んで気づいたのは、ブリッジには麻雀にはない魅力もある。まずはルールが統一されている点(意外にも世界的なゲームであるはずの囲碁は統一されていない)こと、2対2のゲームという性質上、敵方のみならず、味方についても考えなければならないといったことはまた別の面白さがある。


posted by eksmin at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | カードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ゲームとしては原理的にトウシを防ぐのがむずかしいのが難点だね。国際的な大舞台でも問題になる事があったし。
 その辺はナポレオンなんかの方がゲームとして良く出来てる。
Posted by rarugo at 2008年02月10日 04:11
rarugoさん
欠点のないゲームはないので完全に防ぐのは難しいでしょうね。ただ、なんにしてもみんなが楽しめたらいいのですが…。
Posted by eksmin at 2008年02月11日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83225702

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。