2008年02月25日

天空盤の元となったゲームとは

以前紹介した、天空盤であるが、以前にも似たゲームが出ていたという指摘があったので調べてみた。
指摘のとおり、ガイスター(ファンタスミとも言う)というゲームがそれのうようであった。

ガイスターガイスター

by G-Tools


ゲームの説明は
ガイスター (Geister)(The Cabinet of NASU (ボードゲーム))
Prodigal Gamer's Assembly ファンタスミ(Prodigal Gamer's Assembly)
を見ればわかるように、ほとんど一緒である。
#というかコマの形も似てなくないか。

ただ、設定を天使と悪魔としたのはいいと思う。こっちのほうがわかりやすい。

これで気になるのは、携帯電話ではどのようなアレンジが施されているかということである。つまり、通常のゲームではありえない手を打つことが出来るとか、というものなのだろうか。
#対応できる携帯電話を持っていないんです。

ヨーロピアンゲームコレクション (ミニガイスター同梱)ヨーロピアンゲームコレクション (ミニガイスター同梱)

by G-Tools

ラベル:ボードゲーム
posted by eksmin at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ボードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。